AHD対応録画機 WTW-DA94【安売り王 塚本無線】

【株式会社塚本無線】公式HPはこちら!
WTW-DA94
WTW-DA94
フロント部分
側面
後面

上の画像をクリックすると拡大画像を表示します


WTW-DA94

    【特徴】
  • AHDカメラ,CVBSカメラ兼用
  • 4CHデジタルレコーダー
  • 録画解像度は最大100万画素(720p)
  • ライブ映像がカクカクしない
  • マルチ操作に対応:ライブ映像、録画、再生
  • USBフラッシュメモリーでバックアップ可能
  • ネットワーク経由の音声送信に対応
  • カメラタイトル編集に対応
  • PC・スマートフォンでの遠隔監視可能
  • VGA出力に対応(1280×1024に対応)
  • HDMI出力に対応(1920×1080に対応)
  • USBマウス付属
  • CVBSカメラ入力時の解像度は928×480(D1)

  • ライブ映像がカクカクしません!
  • AHDカメラ用デジタルレコーダー
  • PC、スマホでも遠隔監視可能!

【機能アイコン】
4ch入力 AHDレコーダー H.264圧縮方式 HDD 1個搭載可能 モーション録画機能搭載 S-ATA HDD搭載 USB端子搭載
バックアップ可能 録音機能搭載 ネットワーク監視対応 VGA出力対応 HDMI出力対応 日本語メニュー表示対応 マウス対応
PTZ制御対応 携帯電話監視対応 デジタルズーム機能搭載        

商品名 WTW-DA94
【映像】
映像入力 4入力(BNCJ端子) AHDカメラ(720p)、又はCVBSカメラ入力に対応
各カメラ入力はCH1とCH2が連動して、CH3とCH4が連動します。

【接続が可能な例】
全CHにCVBS入力か、全CHにAHD(720p)入力、又は、
CH1→CVBS,CH2→CVBS,CH3→AHD(720p),CH4→AHD(720p)

【接続が不可能な例】
CH1→CVBS,CH2→AHD,CH3→AHD,CH4→CVBS
映像出力 ミニD-Sub15pin:メイン出力×1
HDMI端子:メイン出力×1
HDMI出力
【音声】
音声入力 4入力(RCAJ端子)
音声出力 1出力(RCAJ端子)
※映像入力端子にHDMI接続かミニD-Sub15pinをご利用になる場合は、
   音声出力端子をモニターに合わせて変換する必要がございます
※HDMIで映像出力している場合は外部スピーカーを推奨しております
【システム】
SATAデバイス SATA(HDD×1) ※最大4TB
外付けHDD
センサー入・出力
PTZ RS485
USB USB2.0 × 3(フロント×1,後面×2)
※マウス操作・ USBフラッシュメモリによるバックアップ操作用
動作可能周囲温度 0〜40度
動作可能周囲湿度 0〜90% ※結露無き状態
外形寸法 260(W)×44(H)×221(D)mm  ※突起物含む
重量 約1.2kg
電源 最大36W
【表示】
表示フレームレート NTSC :ライブ映像120fps
表示モード 1画面 / 4分割
【録画】
映像圧縮 H.264
録画解像度 1280×720(AHDカメラ入力時), 928×480(CVBSカメラ入力時)
録画モード 手動 / モーション / センサー / スケジュール
録画フレームレート
(NTSC)
AHD 1280×720(720p)で全チャンネル合計60fps
アナログカメラ入力時の解像度は928×480(D1)
【再生】
再生時画面表示 1画面 / 4分割
保存媒体 HDD
【ネットワーク】
ネットワークインターフェイス 10 / 100 イーサーネット
プロトコル TCP/IP/SMTP/DHCP/PPPoE(ADSL)/NTP/DDNS
アプリケーション WindowsVISTA/7/8/8.1
ネットワークソフト IE(インターネットエクスプローラ)
CMS
対応携帯電話端末 iPhone / Android 端末
検索再生 カレンダーからの日時検索
【バックアップ】
バックアップインターフェイス USB2.0
音声バックアップ
ネットワークバックアップ
バックアップデバイス ネットワークバックアップ / USB フラッシュメモリー
【アラーム】
モーション録画機能
モーションエリア設定
モーション感度設定
【OSD・DVR Control】
操作 マウスでの操作を推奨
Pan / Tilt / Zoom Control RS-485  ( Pelco-D , Pelco-P )
※WTW-DA94の仕様・色・形状・スペックが予期無く変更になる場合があります。



ネットワーク接続例

ネットワーク接続について
●インターネットで監視をする場合は、固定のグローバルIPアドレスを取得してください。
   固定のグローバルIPアドレスについては、各プロバイダーにお問い合わせ下さい。
●上図は1つの例としてご参照下さい。プロバイダー・ルーターなどによって、異なる場合があります。
●インターネット通信速度は上りで実質2Mbps以上必要になります。(レコーダー側)

※動作確認済みルーター
IO DATA社製:WN-AC1600DGR3


インターネットの契約について
弊社の遠隔監視システムは、「グローバルIPアドレス」に対してアクセスを行います。
プロバイダーのサーバーメンテナンス等で、IPアドレスが変動してしまい、弊社のシステムではアクセスが出来なくなってしまうことがございます。 固定のグローバルIPアドレスをご契約いただきますと、変動することがございませんので、
常に特定のIPアドレスにアクセスすることが可能になります。

※プライベートIPサービス等には対応しておりませんので、必ずグローバルIPアドレスでのご契約であるかを
   プロバイダー様にご確認ください。

DDNSサービスについて
DDNSに対応しているレコーダーは固定IPアドレスを取得する必要はございませんが、無償のサービスの為、サーバーのメンテナンスや急なサービスの停止など、遠隔監視が出来なくなる可能性がございます。こういったリスクの少ない運用をご検討いただく場合は、固定IPアドレスや有償のDDNSのサービスをお勧めしております。

レコーダー・カメラ以外の設定について
弊社の遠隔監視対応DVRは、ルーターやモデム(ルーター機能付)でポートの開放やIPアドレスの設定を行う必要がありますが、ルーターやモデムは種類が多く、弊社ではサポートさせていただいておりません。こういった設定等につきましては、プロバイダーや、業者にご依頼いただくことをお勧めします。

Windows8/8.1について
Windows 8.1 :「Modern UI design」では動作いたしません。「クラシックUI」でご使用ください。

インターネットエクスプローラー11 について
互換表示設定で「追加するwebサイト」にご使用になりたい商品のIPアドレスを入力してご使用ください。
※まず初めに、Internet Explorerを管理者として起動して下さい。

(1)Windowsのスタートボタンをクリックします。
(2)「すべてのプログラム」をクリックして、[Internet Explorer]を右クリック→[管理者として実行]をクリックしてください。
(3)Internet Explorer 11 の「ツール」⇒「互換表示設定」をクリックします。
(4)互換表示設定画面で、「追加するwebサイト」にご使用になりたい商品のIPアドレスを入力し、「追加」ボタンを押下してください。

携帯電話での監視について
専用のアプリケーションソフト(無料)をインストールしていただき、画像をご覧頂くことができます。

●パケット通信料について
膨大なパケット通信料がかかると思いますので、定額制でいくら使用しても料金が同じというプランをお勧めします。

1.Internet Explorer 11を管理者として実行する
Internet Explorer 11を管理者として実行するには、
以下の操作手順を行ってください。

起動しているInternet Explorer 11をすべて終了します。
「スタート」→「すべてのアプリ」の順に左クリックします。
「Windowsアクセサリ」を左クリックし、
「Internet Explorer」を右クリックして、
表示された一覧から「管理者として実行」を左クリックします。
「ユーザーアカウント制御」が表示されます。
「はい」を左クリックします。


2.互換表示設定
Internet Explorer 11の「ツール」→「互換表示設定」を左クリックします。
「追加するWebサイト」にDVRやNVRやIPカメラの
IPアドレスを入力し「追加」を左クリックします。
すでにIPアドレスが入力されている場合は、
そのまま「追加」を左クリックします。
「閉じる」を左クリックすると
Internet Explorer 11が更新されます。
Internet Explorer 11を閉じ
再度Internet Explorer 11を管理者として実行してください。


3.署名が無効でもソフトウェアの実行またはインストールを許可する
Internet Explorer 11の「ツール」→
「インターネットオプション」を左クリックします。
「詳細設定」タブを左クリックします。
「セキュリティ」の中の
「署名が無効な場合でもソフトウェアの実行またはインストールを許可する」に
チェックを入れます。
「適用」を左クリックします。
「OK」を左クリックします。
Internet Explorer 11を閉じ
再度Internet Explorer 11を管理者として実行してください。


4.ActiveXコントロールなどのウェブブラウザの実行を有効にする
Internet Explorer 11の「ツール」→
「インターネットオプション」を左クリックします。
「セキュリティ」タブ→「レベルのカスタマイズ」を左クリックします。
ActiveXコントロールでのマルウェア対策ソフトウェアの実施 有効にする
ActiveXコントロールとプラグインの実行 有効にする
ActiveXコントロールに対して自動的にダイアログを表示 有効にする
ActiveXフィルターを有効にする 有効にする
ActiveXを警告なしで使用することを承認済みのドメインにのみ許可する
有効にする
スクリプトレットの許可 ダイアログを表示する
スクリプトを実行しても安全だとマークされていないActiveXコントロールの初期化とスクリプトの実行 ダイアログを表示する
スクリプトを実行しても安全だとマークされているActiveXコントロールのスクリプトの実行 ※1 有効にする
バイナリビヘイビアーとスクリプトビヘイビアー 有効にする
外部メディアプレーヤーを使用しないWebページのビデオやアニメーションを表示する 有効にする
署名されたActiveXコントロールのダウンロード ダイアログを表示する
前回使用されなかったActiveXコントロールを警告なしで実行することを許可する 有効にする
未署名のActiveXコントロールのダウンロード ダイアログを表示する