超高解像度 4K 800万画素 PoE IPC と 4K PoE NVR(録画機)のフルセット【塚本無線】

株式会社 塚本無線 WIRELESS TSUKAMOTO CO.,LTD.

只今のご訪問者は名様です



次世代IPカメラは"超高解像度+データ圧縮通信"

超高画質の4K(800万画素)化と、最新の映像データ圧縮技術H.265

4Kの超高解像度 IPネットワークカメラ

次世代の映像解像度である"4K"のIPネットワークカメラが塚本無線から登場します。
従来のIPカメラは超高画質になればなるほど、データ量が多くなってネットワークが混雑し、映像が乱れたり、止まったりして場合によっては証拠能力がなくなってしまいます。
そこで塚本無線の次世代4K IPカメラでは高画質化に加えて、次世代データ圧縮技術のH.265を採用し、データ転送量を小さくしてレコーダーにデータを正しく転送します。

そもそも4K画質ってなに?

4K(800万画素)映像は、フルハイビジョン(220万画素)の4倍の画素数を持った「超高解像度」映像です。

近年家電業界では"4K"テレビが登場し、量販店でも目にすることが多くなりました。 では、4Kの画質とはどのくらいか、イメージできるでしょうか?
地上デジタル(BS)放送の縦2倍・横2倍で、全体では4倍の画素数があります。 ご自宅のフルHDテレビを縦横2台ずつ4台並べた画面をご想像いただければ、分かりやすいと思います。

4K SDI防犯カメラも同様に、HD-SDI(フルハイビジョンサイズ)の4倍の画素数の画面になりますので、 より高精細な映像となり、小さく映ったものもより判別しやすくなります。

従来の2K IPCと4K IPCで画質比較

ポインタで写真上にあるバーを左右に動かして画質を比較できます。
左に移動させると高画質800万画素・右に移動すると220万画素に切り替えができます。

2K IPCよりも解像度が低いアナログカメラではナンバープレートを読み取ることが出来ない画質でしたが、2K IPCなら読み取ることが可能になりました。 しかしより小さな文字を読み取ることが出来ません。
4Kの映像ならばフロントガラスのシールも読み取ることができるほどの高解像度です。

最新の映像圧縮規格 H.265 で通信の安定と記録容量の削減

最新映像データ圧縮規格H.265を採用

4Kの超高解像度の映像データを従来使用されている映像圧縮規格「H.264」でデータをネットワークで転送すると、データ量が大きいためネットワーク機器が処理しきれなくなり混雑状態になり、正しく映像データを録画機などに送ることができなくなります。
すると映像が乱れ、コマ落ちなど映像不良の原因になり、せっかくの4K高解像度なのに証拠能力を失ってしまい本末転倒になってしまいます。

従来の映像圧縮規格を採用した4K IPカメラの場合

最新の映像圧縮規格H.265を採用した弊社4K IPカメラの場合

そこで塚本無線の次世代4K IPネットワークカメラは最新の映像圧縮規格「H.265」を使用して映像データをさらに圧縮してデータ転送を行います。
H.265はH.264と比べ、同じ画質で約半分のデータ容量に圧縮できる規格です。
H.265で圧縮された映像データは軽いため、ネットワークに負荷がかかりにくく映像の乱れや、コマ落ちを抑え、最高の状態で4Kの高解像度記録が可能となります。

カンタン接続・スマートフォンで外出先でも視聴可能

PoE対応でカメラと録画機にLANケーブルを挿すだけ、スマートフォンアプリで外出先でも視聴できます。

LANケーブルを挿すだけ、電源工事不要PoE給電対応

録画機(NVR)本体の背面に4台分IPカメラ接続用のLANコネクターがあり、LANケーブルを録画機とIPカメラに接続するだけで、難しいネットワーク設定の必要がないため、だれでもカンタンにカメラと接続することができます。

またカメラと録画機はPoE対応給電に対応しているので、接続する録画機からカメラへLANケーブルを通して電気を送ることができるため、別途電源ケーブルの付設や電源の新設工事がいらなくなり、工事費用を抑えコスト削減にもなります。

4K H265 PoEカメラ+4K H265 PoE録画機フルセット 好評発売中! ここから 購入できます!


a

a